木下直哉とはどんな人物なのかを簡単にまとめています。平成の木下藤史郎(豊臣秀吉)といわれるくらいの人物です。

木下直哉を中心とする、木下グループの概要

by admin

木下グループの中心である木下直哉は、木下工務店を買収してからどんどん大きくしていきます。

木下工務店としてスタートしましたが、現在は木下ホールディングスと商号変更しており、木下直哉は代表取締役社長となっています。

木下ホールディングスは、キノシタ・マネージメントや木下の介護など、21社をとりまとめています。

不動産会社から介護、保育、映画、音楽、出版など、本当に幅広い分野に進出しています。

生活のこと全てが木下ホールディングスでまかなえるのではないかと思われるくらいです。

現に、木下グループは、「総合生活企業」と言っていますので、常に皆さんのそばに寄り添う会社であると言えるでしょう。

不動産のことで困ったことがあっても相談できますし、子育てのこと、賃貸経営のこと、太陽光発電のことなど何でもお任せできる頼もしい存在の会社です。

そのほかにも、音楽事業(キノミュージック)にも進出しており、年間に多くの音楽イベントも開いているようです。

キノミュージック所属のアーティストも、有名な人がいますのでご存知の人も多いのではないでしょうか。

これからもどんどん木下グループは発展していきそうな勢いを感じます。

木下直哉さん自身もまだまだお若いですし、いろんな場面で見る機会があるかもしれません。

次はどんなことをするのだろう、とちょっとした期待もありますね。

これからもっと多くの場で活躍して欲しいものです。

また、木下直哉に続け!という人が出てくるのもまた楽しみですね。


木下直哉と映画との関わり

by admin

映画好きの木下直哉は、映画の方面でも活躍していきます。

木下グループで映画の製作や配給、出資を担当していた部門を独立させ、キノフィルムズという会社を設立しました。

Read the rest of this entry »


映画大好き人間、木下直哉

by admin

木下グループをまとめる木下直哉は、とても幅広い分野で活躍しています。

24歳で会社を設立したのは、務めた経験がある不動産会社で得た知識を活かして不動産関係の会社でした。

Read the rest of this entry »


Theme by Ali Han | Copyright 2016 木下直哉のポイント | Powered by WordPress