木下直哉とはどんな人物なのかを簡単にまとめています。平成の木下藤史郎(豊臣秀吉)といわれるくらいの人物です。

木下直哉ってどんな人?

木下直哉は、平成の木下藤吉郎と呼ばれている人です。

木下藤吉郎というのは、後の豊臣秀吉のことで、出世の象徴とされています。

若くして会社を設立し、幅広い分野で活躍しています。

現在は木下工務店代表取締役兼グループCEOとキノフィルムズ代表取締役社長という肩書です。

キノフィルムズは、木下グループの映画製作や配給部門を独立させて設立しました。

映画好きの木下直哉は、映画部門にも進出したのです。

<木下直哉の経歴>
木下直哉のここまでの経歴は、高校卒業後不動産会社や半導体メーカーに勤務した後24歳でエム・シー・コーポレーションを設立しました。

現在のキノシタ・マネージメントです。

その後、債務超過に陥っていた木下工務店を買収し、代表取締役に就任したのです。

最初のエム・シー・コーポレーションは、東京で賃貸物件を扱う不動産会社として設立されたものです。

その後、経営不振の木下工務店を買収したのですが、木下工務店と木下直哉は血縁関係はなく、偶然苗字が同じだったのだそうです。

木下工務店 木下直哉というと、親族が継いだのかと思われているようですが、ただの偶然です。

木下グループには、キノシタ・マネージメントをはじめ、木下の介護、木下ケアプランニング、木下工務店、木下の保育などがあります。

私たちの生活に必要なものを扱う総合生活企業となっています。

短期間でこれだけの大きな企業を支える人となったので、平成の木下藤吉郎と言われるのがわかるような気がしますね。


Theme by Ali Han | Copyright 2016 木下直哉のポイント | Powered by WordPress